レーシックの評判・体験談ナビTOP > レーシックQ&A > レーシック手術に健康保険は使える?

レーシック手術に健康保険は使える?について

 

普通医療機関で治療を受けたときの治療費は、本人は一部負担で済ませることができます。

 

通常は3割負担で残りの部分の費用は、健康保険で賄うことができます。

 

しかし医療機関で治療を受ければ、すべてが保険の対象になるわけではありません。

 

どうしてもその人の生命、もしくは日常生活を維持していくうえで治療をしないといけないという場合に限って、保険が適用されます。

 

レーシック手術は、別に受けなくてもコンタクトレンズや眼鏡を使えば、日常生活に支障をきたすことはありません。

 

そのために、保険の適用を受けることはできず、自由診療の扱いになってしまいます。

 

ですからレーシック手術に関する費用は、全額自己負担という形になります。

 

このため、20万円から50万円といったところが、レーシック手術の費用の相場といわれていますが、すべてを自分でねん出しないといけません。

 

しかし全くレーシック手術を受けたことによって、国から救済措置を受けることができないというわけではありません。

 

レーシック手術を受けたことによって、医療費控除の適用を受けることができる可能性が極めて高くなります。

 

医療費控除というのは、レーシック手術に代表されるような高額に医療費を支払った場合、年間で一定以上の医療費を負担していれば、所得税控除の対象にすることができる制度を指します。

 

健康保険では救ってもらうことはできませんが、税制の控除という優遇措置を受けることができますから、あらかじめチェックしておきましょう。

 

レーシック手術について記事一覧

レーシック保険適用Q&A

レーシック手術を受けて給付金を受け取ることができるかどうかについてですが、これは正直言って保険会社語とで大きく変わってくるといわざるを得ません。もし今後レーシック手術を受け...

レーシック手術に健康保険は使える?

普通医療機関で治療を受けたときの治療費は、本人は一部負担で済ませることができます。通常は3割負担で残りの部分の費用は、健康保険で賄うことができます。しかし医療機関で...

レーシックの保険適用でもらえる金額は?

レーシック手術は、自由診療扱いとなります。ですから手術にかかった費用については、全額自己負担という形になります。レーシック手術の費用は、クリニックごとで自由に料金設...

レーシックで医療費控除が受けられる?

レーシック手術を受けることで、保険の適用を受けることはできません。ですから、費用自体は全額自己負担になってしまうことは覚悟しておきましょう。ただしほかの部分で、救済...

生命保険でレーシックは保険適用される?

レーシック手術は、自由診療の扱いに入ってしまいます。このため、健康保険の適用を受けることができずに全額を自己負担という形になってしまいます。しかしもし生命保険に加入...

医療保険でレーシックは保険適用される?

レーシック手術は、自由診療ですから、原則は全額を自己負担としています。しかし最近の医療保険の中には、レーシック手術を受けることで、給付金を受け取ることができる場合もあります...