レーシックの評判・体験談ナビTOP > レーシック手術について > 給付金の申請にはレーシックの診断書が必要です

給付金の申請にはレーシックの診断書が必要ですについて

 

もし医療保険もしくは、生命保険に加入をしていて、レーシック手術が保障の対象となっている場合には、保険会社から給付金を受け取ることができます。

 

ただし給付金を受け取るためには、自分で保険会社の方に申請をして、給付金を受け取る手続きを進めないといけません。

 

給付金受け取りの手続きの時に、必要なものがあります。

 

それはレーシック手術を担当した医者の診断書です。

 

もしかすると、保険会社の中には、給付金受け取り手続きの時の専用の診断書作成用の用紙を持っている場合があります。

 

用紙の有無を保険会社の方に確認をし、あれば送ってもらうようにしましょう。

 

そしてレーシック手術を受けるクリニックの医者にその診断書を渡して、診断書の作成を依頼しましょう。

 

この時に注意ですが、診断書を作成してしてもらうときには、手数料が発生をします。

 

クリニックによって違いますが、3000〜5000円というところが一般的です。

 

もし保険会社に独自の診断書用の用紙がない場合には、レーシック手術を受けたクリニックの診断書で作成をしてもらえばいいでしょう。

 

いずれにしても、診断書が完成をすれば、それを保険会社の方に郵送をすれば終了です。

 

もし書類に不備がなければ、後日手術給付金が支給されることになるはずです。

 

レーシック手術時の給付金を受け取る場合には、レーシック手術というのではなく、レーザー角膜屈折矯正手術を受けたというようにしましょう。

 

でないと給付金の受け取りからこの時点で外される可能性があります。

 

レーシック手術について記事一覧

レーシックの種類は?

現在行われているレーシック手術の方法には、いくつかの種類があります。まず最もオーソドックスなレーシック手術では、エキシマレーザーというレーザー光線の一種を角膜に照射します。...

レーシックの費用はいくら?

レーシック手術についてですが、現在のところ、保険の適用を受けることができません。ですから、レーシック手術を受けた際の費用については、全額自己負担という形になります。...

レーシックは自由診療?

レーシック手術を受けるときですが、基本的には保険の対象外になってしまうことは覚えておきましょう。ですからレーシック手術にかかった費用については、全額自己負担になるという風に...

おすすめのレーシック眼科クリニック

現在ではレーシック手術を行っているクリニックは、日本各地にいくらでもあります。ですからどこでレーシック手術を受ければいいか、素人目にはすぐに判断を下すことはできないかもしれ...

給付金の申請にはレーシックの診断書が必要です

もし医療保険もしくは、生命保険に加入をしていて、レーシック手術が保障の対象となっている場合には、保険会社から給付金を受け取ることができます。ただし給付金を受け取るためには、...

レーシックで保険適用されないケースは?

レーシックの手術を受けたとしても、保険会社の中には給付金を受けることができないケースがあります。具体的には以下の2つのケースでは、レーシックの保障を含んでいても、保障を受け...

レーシック保険適用の注意点

基本的に、レーシック手術は、保険の適用外の治療に指定されています。ですからレーシック手術の治療費は、全額自己負担ということになります。少なく見積もっても数十万円かか...

レーシックの保険給付金を申請する手順

レーシック手術を受けると、保険会社から給付金を受け取ることができる場合もあります。しかしすべての医療保険や生命保険で、レーシック手術の補償をしているわけではありません。...

日帰り手術の給付対象外に注意

レーシック手術を受けることで、自分が加入している生命保険や医療保険の中には、給付金を受け取ることができるケースもあるといいます。レーシック手術は全額自己負担が原則ですから、...