レーシックの評判・体験談ナビTOP > レーシック手術について > レーシックの種類は?

レーシックの種類は?について

 

現在行われているレーシック手術の方法には、いくつかの種類があります。

 

まず最もオーソドックスなレーシック手術では、エキシマレーザーというレーザー光線の一種を角膜に照射します。

 

そして角膜を削ることで、光の屈折率を変化させるわけです。

 

レーシック手術を受けても、手術後に目に痛みを生じることはほぼありません。

 

また日帰りで手術を受けることができるところも、魅力の一つです。

 

また最近になって注目されているレーシック手術の一種に、イントラレーシックと呼ばれる手術法があります。

 

イントラレーシックというのは、イントラレースと呼ばれる器具を使ってレーシック手術を行う方法を言います。

 

レーシック手術をするときには、フラップという角膜のふたを作る工程があるのですが、従来のブレードではなく、レーザーを使ってフラップを作るのが特徴です。

 

レーザーを使ってフラップを作ることが可能になったおかげで、より精度を高めることができ、手術の安全性を高めることに成功しています。

 

また従来のレーシック手術では、視力の回復が困難というタイプの人もいます。

 

しかしそのような人でもイントラレーシックをすれば、十分に視力回復が可能というケースもあり、注目を集めているのです。

 

アイレーシックという治療法もあります。

 

アイレーシックとは、従来のイントラレーシックの技法に加えて、カスタムビューの技術も取り入れられた手術の方法を指します。

 

このため、カスタムメイドで、レーシック手術を進めることができます。

 

レーシック手術について記事一覧

レーシックの種類は?

現在行われているレーシック手術の方法には、いくつかの種類があります。まず最もオーソドックスなレーシック手術では、エキシマレーザーというレーザー光線の一種を角膜に照射します。...

レーシックの費用はいくら?

レーシック手術についてですが、現在のところ、保険の適用を受けることができません。ですから、レーシック手術を受けた際の費用については、全額自己負担という形になります。...

レーシックは自由診療?

レーシック手術を受けるときですが、基本的には保険の対象外になってしまうことは覚えておきましょう。ですからレーシック手術にかかった費用については、全額自己負担になるという風に...

おすすめのレーシック眼科クリニック

現在ではレーシック手術を行っているクリニックは、日本各地にいくらでもあります。ですからどこでレーシック手術を受ければいいか、素人目にはすぐに判断を下すことはできないかもしれ...

給付金の申請にはレーシックの診断書が必要です

もし医療保険もしくは、生命保険に加入をしていて、レーシック手術が保障の対象となっている場合には、保険会社から給付金を受け取ることができます。ただし給付金を受け取るためには、...

レーシックで保険適用されないケースは?

レーシックの手術を受けたとしても、保険会社の中には給付金を受けることができないケースがあります。具体的には以下の2つのケースでは、レーシックの保障を含んでいても、保障を受け...

レーシック保険適用の注意点

基本的に、レーシック手術は、保険の適用外の治療に指定されています。ですからレーシック手術の治療費は、全額自己負担ということになります。少なく見積もっても数十万円かか...

レーシックの保険給付金を申請する手順

レーシック手術を受けると、保険会社から給付金を受け取ることができる場合もあります。しかしすべての医療保険や生命保険で、レーシック手術の補償をしているわけではありません。...

日帰り手術の給付対象外に注意

レーシック手術を受けることで、自分が加入している生命保険や医療保険の中には、給付金を受け取ることができるケースもあるといいます。レーシック手術は全額自己負担が原則ですから、...