レーシックの評判・体験談ナビ

 

視力に問題のある人の間で注目されている治療法があります。

 

それはレーシック手術です。

 

レーシック手術を受けることで、コンタクトレンズや眼鏡なしでも視力を回復することができます。

 

最近では有名人やスポーツ選手がレーシック手術を受けることが大々的に紹介されていることもあって、日本でも注目が高まっています。

 

そもそも視力に問題のある人の目というのは、光の屈折が異常になっていることが原因として考えられています。

 

目に入ってくる情報というのは、光の屈折によって視神経が認識をし、像を完成させていくというメカニズムによって成立しています。

 

ところが光の屈折が正常に機能しないと、像が作りにくくなり、近視や遠視の人特有のものがぼやけて見えるという症状を起こすわけです。

 

もし近視や遠視の人の目の屈折を正常に戻してやることができれば、視力を回復させることができるわけです。

 

めがねやコンタクトを資料に異常のある人がつけると、よく見えるようになります。

 

これはめがねやコンタクトのレンズによって、光の屈折を正しくしているから、ものがはっきりと見えます。

 

レーシックというのは、手術によって、角膜という目の一部の形を削って変えてしまいます。

 

角膜を削ることによって、屈折率を変えてしまうのです。

 

このためレーシック手術を受けた後では、めがねやコンタクトなしでもよくものが見えるようになるわけです。

 

すでにレーシック種々は、年間で世界中で数百万人が手術を受けており、ポピュラーな視力回復の治療法になっています。